神戸プレジール銀座

店内のこだわり

Design

店内ギャラリーGallery

兵庫県や神戸市をテーマに店内は開放感のある空間を演出しています。

エントランス

エントランスEntrance Approach

エレベーターからの正面には姫路の革に食材の地域名を表現した兵庫県地図でゲストをお迎えいたします。
牛の角をモチーフとしたオリジナルパターンのカーペットや重厚感のある木目の壁面。
高級感あるモダンな特注照明によって特別感を演出します。

サロン

サロンSalon & Waiting

食後にくつろいでいただくサロン。
間接照明、踏み心地の良いカーペット、ゆったりとしたソファなどにこだわりお客様が夜景と共に余韻を味わう空間を演出。

鉄板カウンター

鉄板カウンターOpen Counter

神戸牛のみに記される野路菊の刻印。
野路菊をモチーフとしたアイアンワークの意匠、兵庫、神戸を表現するディスプレイ、ソムリエがおすすめするワインとワイナリーの写真。
神戸牛専門店ならではの特別感を味わえる鉄板カウンターです。

ホール

ホールHall

折り上げ天井と丹波焼きの花器、銀座に似合う華やかな花によって、象徴的なホールのコアをつくり特別感のある空間。
周りにはJA全農兵庫をテーマに食材、神戸牛、生産者の姿などをモノクロ写真で表現しました。
コアを中心にラウンジホールのような一体感とシースルーカーテンによるプライベート感を共存させています。

カウンター

カウンターMain Counter

銀座4丁目の交差点の最上階というロケーションと夜景。
日本を代表する神戸ビーフと但馬牛、兵庫県産の新鮮な食材、豊富な種類のワインに囲われた空間。
洋館のドーム天井をイメージした木板貼りの折り上げ天井。天井が高く開放感のある優雅な空間です。

鉄板焼 個室

鉄板焼 個室Private Room

外の景色を背景にシェフのパフォーマンスを楽しむ鉄板カウンターの個室。
神戸の風景写真と神戸の花である紫陽花をしつらえた銅板風オブジェのフードカバーなど神戸をテーマに、鉄板の臨場感を演出しています。

個室

個室Private Room

食材、素材の源である兵庫県の大地。
兵庫県の地域である「但馬、丹波、播磨、摂津、淡路」の土で淡路島の左官職人の手によって上質な左官の光壁を表現しています。
兵庫県産の食材と土、兵庫県樹である楠の木の無垢テーブルを使用しています。

店舗デザイン / 小坂 竜Ryu Kosaka / Executive Creative Director

1960年 東京生まれ / 武蔵野美術大学 建築学科卒業 / 株式会社 乃村工藝社 A.N.D.クリエイティブディレクター 「マンダリン オリエンタル東京」のメインダイニング、「新丸ビル」の環境デザイン、「サクララウンジ(羽田空港JAL国際線)」、イギリスの国際的に名誉あるアワード『Restaurant & Bar Design Awards 2014』のバー部門大賞『Best Bar』の日本人初受賞をはじめ、のべ8アワード9つのタイトルを受賞した「W広州FEI」(中国・広州)などを手掛ける。
国内外の話題のレストランやホテル、レジデンスのデザインを数多く手掛け、現在はアパレルブランドの世界展開や建築からのデザイン設計など、インテリアを中心に更なる活躍の場を拡げている。