神戸プレジール銀座

スタッフ紹介

Staff Introduction

小林 圭介

小林 圭介/ 支配人Kobayashi Keisuke

伝統の神戸ビーフを伝統ある銀座の街で、兵庫県の四季折々の新鮮な農産物をたくさんの方々にご堪能いただきたいと思います。
「神戸プレジール銀座」は、JA全農兵庫直営レストランとして、極上の神戸ビーフと新鮮な国産野菜で、皆さまの「楽しいひと時」のお手伝いをしたいと考えています。こだわりの空間の中で、ご来店いただくお客様はもちろんのこと、丹精込めて育てた食材をご提供くださる生産者の方々、また我々スタッフまでもが幸せになれるレストランにしていきたいと思っております。
皆さまのこころが幸せな気持ちで満たされるような、そんな笑顔あふれる素敵なひと時をぜひ「神戸プレジール銀座」でお過ごしください。

成瀬 祥純

成瀬 祥純/ 副支配人Naruse Yoshizumi

平素よりひとかたならぬご支援、ご愛顧を賜り、心から御礼申し上げます。
兵庫県は北は日本海に、南は瀬戸内海に面しているという様々な気候・風土に恵まれた県でございます。そこで育つ様々な農畜産物を皆様に「知っていただきたい」「お召し上がりいただきたい」という思いで、神戸からやって参りました。
私共は、お客様の過される時間・空間を大切にしたいと思っており、お帰りになられる際のお客様の笑顔が私共の最大の喜びでございます。
心地よく過していただくための品格を保ち、かつアットホームな空間で日本人が大切にしてきた「おもてなし」をご提供できればと存じます。
ぜひ、一度ご来店いただけることをスタッフ一同心からお待ち申し上げております。

中島 恒貴

中島 恒貴/ 料理長Nakajima Yoshitaka

1997年に料理の道に入り、3年後鉄板焼きの世界へ入りました。
16年の経験を積み、おもてなしの心を信条に日々励んでおります。
食材は、兵庫県産にこだわりながら、新しい食材も積極的に取り入れ、季節を感じられるように心がけ仕上げております。
昔ながらの料理の伝統を重んじ、そして新しい試みにも挑戦しながら日々探究しております。
銀座という街で兵庫県の美味しいお肉とお野菜を堪能していただきたいと思います。
皆さまとお話できるのを楽しみにいたしております。

山崎 宏記

山崎 宏記/ シェフソムリエYamasaki Hiroki

レストランの語源は「restaurer(レストレ=元気を回復させる)」こと。
ご来店くださるお客様に、楽しいお食事時間を演出し、少しでも元気になってお帰りいただけるように努力するのは当たり前なのですが、いつの頃からか「働いている従業員のことはどうなのかな、後回しでいいのかな?」と漠然と考えるようになりました。
「神戸プレジール銀座」が掲げる目標は、『ここで働く従業員が幸せで無ければ、お客様を幸せにすることなんて無理。
だから、まず従業員が幸せな職場に、そしてできれば農家さんを幸せに、それがお客様にとって一番では。』というものです。
とても高い高い目標ではありますが、スタッフみんなで一歩一歩実現に向けて取り組んで参ります。

山崎 純弥

山崎 純弥/ ソムリエYamazaki Junya

約12年間、銀座のフランス料理のお店でサービススタッフとして勤務してまいりました。
その中でもっと生産者の顔が見える安心な商品をお客様に提供したいという想いにかられるようになりました。
約1ヶ月、フランスのワイナリーを巡り、生産者とお酒を酌み交わしてワインに対する熱い想いや、生活に触れることで更にその想いを強くすることができました。
その経験を生かし、全農のスローガンにもあるように生産者とお客様を結ぶ架け橋になれるよう常に笑顔で全力でお客様をおもてなししたいと思います。